第一印象が大切です

男女

現代の日本では、男女の出会いの場として合コンは非常に利用されています。恋人探しの場所として合コンはカジュアルに使われていますが、知らない人と話すことになるのではじめの自己紹介は相手に自分を印象付けるためにも短い時間ながらも大切な時間です。まずは自分の名前を言います。同時に何と呼んでもらいたいのかも言っておくと相手も楽になります。知らない人をどのように呼ぶのか、下の名前で呼ぶとなれなれしすぎると不安に思う人もいますし、名字で呼ぶのは他人行儀過ぎるかなと思う人もいるので、自己紹介する人間が一言こう呼んでくださいと言えば、相手も気軽に呼ぶことができます。その次に出身地や自分の趣味などを言います。知らない人間同士が話すのが合コンなので、まず共通点を探すことが重要です。そのためには自己紹介の時に共通点になるようなことを話しておきます。相手が自己紹介している時は、相槌が大切です。相手も自分の話が興味を持って聞いてもらえているのか不安だと思うので、安心させてあげるためにも相槌が必要です。合コン用にいろいろなパターンの相槌を覚えておくことも大切です。合コンではインパクトのある自己紹介が出来ると、話が続きやすいですが、合コンに慣れていない人がウケを狙うと上手くいかないケースが多いです。無理にキャラを作らずに自分らしくしていることが大切です。自己紹介は長くなりすぎると聞き手も飽きてしまうので、10分程度で終わらせます。自己紹介の間に、自分の話のどこに相手が興味を抱いたのか、相手のどんな話に自分との共通点があったのかを確認しておくと、フリートークの時も話が途切れなく、スムーズにコミュニケーションがとれます。